スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
覚え書き
ゲームをやる上での基本事項:動く定点用ガイドライン

「前書き」

当記事は自分がいままででやってきた経験に基づく理論で、これが全てとは断言はできません。
其の1:まずはMAPを理解する。

各MAPの構成や頭出し、Campをできる位置を全て確認。
相手側リスの地点を覚える。
理由→基本中の基本。


其の2:動く上での基本

スプリントして良い場所、構えながら動くところを明確に自分の中で決める。
理由→前者3アクションだが、後者は2アクションまたは1アクションなため隙を減らすことができる。
立ち回りについては言葉で表すのが困難な為割合。


其の3:味方の位置こそ気を配る

相手のリスや出てくるところを予測できるので、裏取りや自分がどこに動いたら良いか?という判断を助けるガイドラインになる。

ざっくりと書きましたが基本は以上。



応用其の1:相手の潜伏場所の予測

其の1で確認した頭出しやCamp場所等は相手も使ってると前提に考え、UAVが出ていないときやアサシンをつけている相手でも見つけることや突破することが可能。
。其の1が出来ないと無理。自分も使うところは絶対相手を使われるということ。


応用其の2:移動式定点

其の1で書きなぐったCampの場所によっては移動しつつタイミングをずらすことも必要になってくる。理由はずっとそこに居座るということは相手も当然予測しやすいので、さらにこちすることによって上手上手でかませていく。

尚、相手の進行ルートが二カ所以上あるときは二カ所共に留意する。

大まか流れや的確なCamp場所を瞬間で考え、相手のリスを読み移動も迅速に行うことになってくると思うので基本がしっかりしてないとまずできない。


上記で二カ所を留意するやり方については二通りある。

メイン進行ルートを決めてもう片方をサブとして考え定期的にサブのルートをチェック。

もう一つは進行ルート二カ所の真ん中にあえてエイムを合わせておく。
理由は片っぽに合わせておくと片方の対処が遅れるため。
前者の事と矛盾してくるところも出てくるが使える場所は限られので区別する。


以上。
2013/09/19(Thu) | 雑記 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://mlnsr15.blog23.fc2.com/tb.php/88-a3672988
前のページ ホームに戻る  次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。